ブロディ・キングがKENTAに挑戦!NJPW STRONG 18

NJPW STRONG
スポンサーリンク

ブロディ・キング権利書に挑戦

12.5 NJPW STRONG 18

本隊vsBULLETCLUB

勝者 ブロディ・キング

ACH&カール・フレドリックス&ブロディ・キング&デビッド・フィンレー&ジュース・ロビンソン

vs

ヒクレオ&タンガ・ロア&タマ・トンガ&KENTA&ジェイ・ホワイト

のイリミネーションマッチ。

最後に残ったIWGP USヘビー挑戦権利書保持者のKENTA選手がブロディ・キング選手の「ゴンゾボム」でノックアウト(あの体格差はしょうがない気も・・)

ブロディ選手がKENTA選手に勝ったことで、12.19のNJPW STRONG「IWGP USヘビー挑戦権利書マッチ」が行われます。

KENTA選手は権利書マッチを3度防衛しています。

チャンピオン「ジョン・モクスリー選手」への挑戦までの道のりは果てしなく遠いですね。

KENTA選手。本当にお疲れ様です。

ブロディ・キングとは

「去年のスーパージュニアでマーティ・スカル選手と来日してたな~」くらいしか知らないんで調べてみました。

ブロディ・キング選手

196㎝ 129㎏ デビューは2015年。プロレスの他にバンドのボーカルもやっているそうです。

アメリカの団体「ROH」でマーティ・スカル選手と共闘。その流れで新日本プロレスのリングにも参戦してます。

2019年4月のマディソンスクエアガーデン大会(ジェイ・ホワイト選手が1人でチケットを完売させたと言われる大会)に出場してました。

G.o.DvsEVIL&SANADAvsブリスコブラザーズvsブロディ・キング&PCOという試合。

ROH世界タッグチャンピオンチームとして出場してましたが、パートナーのPCO選手のインパクトが凄すぎてあんまり覚えていません。

NJPW STRONではフリップ・ゴードン選手(おととしのスーパージュニアに出てます)とパートナーを組んでいます。

見た目は非常にインパクトがあり全身タトゥーです。

本当に本隊所属のレスラーですか?

と、全員がツッコミを入れます。

フィニッシュの「ゴンゾボム」はパワーボムの体勢で持ち上げ頭から落とします(マジで痛そうです)

KENTA選手はこれでノックアウトされました。

試合中も基本的に荒く「大暴れ」という表現がピッタリです。

KENTA選手ピンチ

正攻法ではKENTA選手は勝てそうにありません。

体格、パワーでははっきり言って無理です。

  • 間合いを取って足を攻める
  • ブリーフケースのかどっこで一撃喰らわせる
  • オーエンズ選手に助けてもらう

こんな感じの試合になりそうです。

個人的にはKENTA選手が「IWGP USヘビーチャンピオン」になってほしいです。

この試合は見逃せません。

KENTA選手の権利書マッチの記事はこちら

 

そんな感じで。

でわ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました