トム・ローラーvsカール・フレドリックス STRONG選手権試合

NJPW STRONG
スポンサーリンク

以前のイリミネーションマッチで、トム・ローラー選手から勝利したカール・フレドリックス選手。

この1勝をきっかけにして挑戦者に名乗りをあげます。

オーバー・ザ・トップロープでの勝利では挑戦者としてどーなんだ?

と思いましたが、現在のSTRONGのメンツでは他に挑戦者が思いつきません。

カール選手が勝利したら、ローラー選手1強から群雄割拠のリングになります。

そっちの方が面白そうなので、今回はカール選手の応援に回りました。

試合の感想を書いていきます。

トム・ローラー選手強い!

経験の差が出た試合でした。

カール選手のペースになることはなく、終始ローラー選手のペースで試合が進みます。

カール選手の得意技、捻りを加えたスパインバスターと串刺しドロップキック。

どりらもカウンターで切り返されてしまいます。

チャンピオンのローラー選手がカール選手の技を研究し対策を行う。

解説の棚橋選手がコメントしていましたが、本来ならば挑戦者のカール選手がやらなければならない事をチャンピオンが行う。

強いはずです。

試合後半にカール選手がスパインバスターと串刺しドロップキックを決めますが、決めるのが遅すぎました。

体力を使い果たしたカール選手は攻め込むことができずにローラー選手の「PK」で3カウント。

チャンピオンが2度目の防衛に成功。

敵なしの状態です。

柴田選手のPK

この試合のローラー選手のフィニッシュは「PK」

「PK」はLA道場のコーチ。柴田選手のフィニッシュです。

ニュージャパンカップUSAの決勝。

PKからのスリーパーで勝利したローラー選手。

試合の解説をしていた柴田選手から「免許皆伝」を得ています。

STRONGの解説をしている清野アナウンサーのコラムに、ローラー選手の記事がありその中には

オレはビッグマウス・ラウドが大好きだったし、オレの試合スタイルはシバタからかなり影響を受けている。

と、ローラー選手が語っていたそうです。

私もビックマウス・ラウド(柴田選手、村上一成選手が中心の団体)は結構見ていました。

この団体に憧れるとローラー選手のようなプロレスと格闘技のハイブリッドレスラーが出来上がるのには納得がいきます。

LA道場生の誰も受け継いでいない「PK」を受け継いだチャンピオン。

「プロレスと格闘技」という柴田選手と同じバックグラウンドを持つローラー選手の試合が本当に楽しみです。

挑戦者 小島聡

試合後小島選手がリングに上がり挑戦をアピール。

間違いなく次の挑戦者です。

小島選手はインパクトレスリングでタッグベルトに挑戦。

ベルト奪取に失敗しましたが、速攻でSTRONGのベルトにも挑戦です。

日本では第3世代でNEVER6人タッグにも挑戦が決まっています。

忙しいっすね!!

8.16 カリフォルニアでSTRONG初の有観客試合が行われます。

出場選手の中には

ジェイ・ホワイト選手(NEVER無差別級チャンピオン)

ジョン・モクスリー選手(USヘビー級チャンピオン)

トム・ローラー選手(STRONG無差別級チャンピオン)

ジェイ選手にはフィンレー選手が挑戦すると思います。

この興行でローラー選手に小島選手が挑戦したら相当盛り上がりますね。

モクスリー選手も出場するので、タイトルマッチが3試合も組まれる可能性も。

見逃せません!

ローラー選手の初防衛戦の記事はこちら

 

そんな感じで。

でわ!

タイトルとURLをコピーしました