今週のオーカーン様 11.1 11.2 後楽園

新日本プロレス
スポンサーリンク

11.7 大阪大会で一番楽しみなカードが「オカダカズチカvsグレート・O・カーン様」です。

初対決ということもあるんですが、オーカーン様がオカダ選手に勝つところを見たいです。

大阪を支配する所、期待してます。

オカダカズチカ ノックアウト

後楽園ホールでの前哨戦。

オーカーン様・オスプレイ組vsオカダ・ヤングライオン組で試合が組まれてます。

意図的なのかわかりませんがオーカーン様がほとんどの時間試合をしています。

オスプレイ選手もサポートで入りますが、オーカーン様の独壇場です。

11.2 後楽園での試合後は場外にいるオカダ選手をリングからオーカーン様が見下ろしてました。

試合後にもかかわらず、何事もなかったかのように立つ姿。

まるで皇帝です(首を気にしてましたが)

珍しくオカダ選手が試合後に仕掛けます。

「マネークリップ」で首を締め上げますが、オーカーン様が「アイアンクロー」で反撃。

形勢逆転し、オスプレイ選手の「トラースキック」が炸裂。

そのままオーカーン様が「エリミネーター」でオカダ選手をノックアウトしてしまいました!

さぞ気持ちよかったんでしょうね。大の字のオカダ選手にオスプレイ選手が罵声を浴びせてました(英語なんで何言ってるかわかりませんでしたが)

オカダ選手を侵略する日が近ずいてきました。

オカダ ショッパイ

バックステージコメントでビー選手が「オカダ、ショッパイ。イチバンショッパイ」とコメントして思わず笑ってしまいました。

平田さんの「こんなしょっぱい試合ですいません!」事件が海を越え、イギリスのレスラーにも伝わっていたことに驚きます。

この事件は蝶野さん、スーパー・ストロング・マシンさんがタッグを組んで「スーパーグレートタッグリーグ」に出場した時の事(1994年)

マシンさんとのタッグを組むことに不満のあった蝶野さんが「タッチ拒否」「誤爆」など、今でいう「制御不能」な行動をとっていました。

それでも「蝶野・マシン組」は決勝に進み「馳・武藤組」と戦います。

決勝でも制御不能な蝶野さんに「キレた」マシンさんはパートナーの蝶野さんに「ラリアット」そしてマスクを脱いで蝶野さんに投げつけてしまいます!

観客が「平田」コールで盛り上がり、蝶野さんは試合中なのに退場。

もちろん試合は2対1なので負けてしまいますが、試合後のマイクで

こんなしょっぱい試合ですいません!

とマイクで絶叫。ファンに語られる試合となりました。

誰がビー選手に教えたのかわかりませんが言葉のセンスが素晴らしいです!(日本語でショッパイと言ったのも好感が持てます)

ウイル・オスプレイ、グレート・O・カーン、ビー・プレストリー選手の今後が楽しみです。

 

そんな感じで。

でわ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました